\ 最大8%ポイントアップ! /

audio-technicaのATH-S220BTをレビュー|機能満載なのに5,000円台で買えるコスパ最強のヘッドホン

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

リーズナブルながらさまざまな機能を備えているコスパ最強のヘッドホン、ATH-S220BT。

この記事では、そんなATH-S220BTをレビューしていきます。

結論から言うと、5,000円台で購入できるエントリーモデルとは思えないほど満足度の高いワイヤレスヘッドホンでした。

ATH-S220BT
総合評価
( 4 )
メリット
  • 有線と無線の両方で利用できる
  • マルチポイントに対応している
  • バッテリーの持ちがいい
  • 価格が安くてコスパが高い
デメリット
  • 長時間連続で使っていると耳が痛くなる
  • 特別音質がいいわけではない
  • 有線接続時はボタンを操作できない
ATH-S220BTをおすすめしたい人
  • 有線と無線の両方で使いたい
  • マルチポイントに対応しているヘッドホンが欲しい
  • リーズナブルでコスパの高いヘッドホンが欲しい
audio-technica(オーディオテクニカ)
¥4,974 (2024/04/16 20:46時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonで探す >

それでは、詳しくレビューしていきます。

目次

audio-technicaのATH-S220BTのスペック

audio-technicaのATH-S220BTの概要

ATH-S220BTのスペックは以下のとおりです。

項目概要
メーカー・ブランドaudio-technica(オーディオテクニカ)
商品名ATH-S220BT
接続方法有線接続(USB A to C)
無線接続(Bluetooth 5.0)
対応コーデックSBC
充電時間4時間
連続再生時間最大60時間
防水・防塵
マルチポイント
ANC(アクティブノイズキャンセリング)
外音取り込み
専用アプリ
価格5,940円

5,000円台で購入できるエントリーモデルのワイヤレスヘッドホンということもあって、ANC(アクティブノイズキャンセリング)や外音取り込みなどの最新機能は搭載されていません。

また、対応コーデックもSBCのみなので高音質な製品というわけではありませんが、有線と無線の両方で接続可能な点やマルチポイントに対応している点などは非常に魅力的だと言えます。

audio-technicaのATH-S220BTの外観レビュー

audio-technicaのATH-S220BTの外観をレビューしていきます。

ATH-S220BTの外観

外観は高級感が感じられるようなデザインではありませんが、スッキリとしたシルエットをしています。

ATH-S220BTのカラーバリエーション

出典:audio-technica

また、カラーバリエーションも豊富で、僕が購入したこちらのカラーのように他のヘッドホンにはあまりないカラーリングのモデルもあります。

ATH-S220BTの付属品

ATH-S220BTには、

  • USB A to Cの充電ケーブル(30cm)
  • マイク内蔵リモコン付きコード(1.2m)

の、2点が付属しています。

ATH-S220BTの大きさをiPhoneと比較した画像

サイズは、縦も横もiPhoneの標準的なモデル(画像のモデルはiPhone12)と同じくらいです。

重量は180gとなっています。

audio-technicaのATH-S220BTの操作方法

ATH-S220BTのペアリングの仕方や基本的な操作方法について解説していきます。

ペアリング方法

ATH-S220BTのペアリング方法は以下のとおりです。

ATH-S220BTのペアリング方法
  1. 本体の電源ボタンを2秒以上長押しする
  2. 白いランプが点滅したら、接続したい端末のBluetoothの設定画面を開く
  3. ATH-S220BTをタップして選択する

これでスマホやタブレットとのペアリングが完了し、使用できるようになります。

操作方法

ATH-S220BTは、本体の左側に配置されている3つのボタンでさまざまな操作がおこなえるようになっています。

聴くときの操作
  • 再生/一時停止:真ん中のボタンを1回押す
  • 曲送り:+のボタンを2秒以上長押しする
  • 曲戻し:−のボタンを2秒以上長押しする
  • 音量を上げる:+のボタンを1回押す
  • 音量を下げる:−のボタンを1回押す
通話するときの操作
  • 通話を受ける/通話を終了する:真ん中のボタンを1回押す
  • 音量を上げる:+のボタンを1回押す
  • 音量を下げる:−のボタンを1回押す
その他の操作
  • 電源のON/OFF:真ん中のボタンを2秒以上長押しする
  • Siri/Google Assistantを起動する:真ん中のボタンを2回連続で押す
  • 低遅延モード:真ん中のボタンを3回連続で押す

ATH-S220BTを有線接続で使用する場合、ボタンでの操作はおこなえないので注意してください。

充電方法

ATH-S220BTの充電は、充電ケーブルを使っておこないます。

ワイヤレス充電には対応していません。

付属の充電ケーブルのUSB-C側を本体の充電ポートに差し込み、USB-A側をパソコンのUSB-Aの端子に接続して充電します。

コンセントで充電したい場合は、別途USB-Aの充電器が必要になるので注意してください。

使ってみてわかったATH-S220BTのメリットや優れている点

実際にしばらく使ってみてわかったATH-S220BTのメリットや優れている点としては、以下の4つがあげられます。

  • 有線接続と無線接続の両方に対応している
  • マルチポイントに対応している
  • 低遅延モードが搭載されている
  • 価格が安い

それぞれ詳しく解説していきます。

有線接続と無線接続の両方に対応している

有線接続と無線接続の両方に対応している

ヘッドホンをPCやスマホなどの端末に接続する方法には、ケーブルを使って有線で接続する方法とBluetoothを使って無線で接続する方法がありますが、ATH-S220BTはそのどちらにも対応しています。

1万円を超えるような高価格帯のヘッドホンであれば有線接続と無線接続の両方に対応しているのは珍しくありませんが、5,000円台のヘッドホンで両方の接続方法に対応しているものはそう多くありません。

有線と無線の両方に対応しているので、ついうっかり充電し忘れてしまったときでも問題ありませんし、動画編集など音声が遅延してしまうのを避けたい作業をおこなうときにも便利です。

マルチポイントに対応している

ワイヤレスヘッドホンには、マルチペアリングに対応しているものとマルチポイントに対応しているものがあります。

マルチペリングは、複数のデバイスを登録できる機能です。

PCやスマホなどの端末にヘッドホンとのペアリングの情報を登録しておけるので、ヘッドホンを使うたびにペアリングする必要がありません。

ただ、複数の端末と同時に接続できるわけではないので、その都度ペアリングする親機を切り替える必要があり、手間がかかります。

一方、マルチポイントは、複数の端末とヘッドホンを同時に接続できる機能です。

ATH-S220BTの場合、2台の端末と同時に接続できるようになっています。

例えば、PCとスマホの両方に接続している場合、PCでYouTubeの動画を再生すればその動画の音声がヘッドホンから流れますし、スマホで音楽を再生すれば、ヘッドホンからその音楽が流れるようになっています。

このとき、マルチペアリングのヘッドホンのようにわざわざ接続し直す必要はありません。

2台以上の端末で使用するときは切り替えが必要になりますが、2台までは同時に接続しておけるので非常に便利です。

マルチポイントの機能は、スマホやタブレット、PCなど、普段使用するデバイスが多い人ほど重宝する機能します。

バッテリーの持ちがいい

ATH-S220BTは非常にバッテリーの持ちがいいワイヤレスヘッドホンです。

公式サイトには「最大60時間使える」と書かれていて、一日に使用する時間にもよりますが、一度の充電で一週間以上使えたりもします。

また、ATH-S220BTは、急速充電にも対応していて、公式サイトには「10分の充電で約3.5時間使用可能」と記載されています。

ワイヤレス製品は、充電の手間や充電待ちのストレスがネックになるので、バッテリーの持ちがいい点や急速充電に対応している点はかなり大きなポイントです。

価格が安い

ATH-S220BTは、有線と無線の両方での接続に対応している上にマルチポイントにも対応しています。

これだけ利便性の高いヘッドホンでありながら、5,000円台で購入できるコスパの化け物みたいなヘッドホンです。

僕はATH-S220BTをコジマの店舗で購入したのですが、5,096円で購入できました。

ATH-S220BTを購入する前に、

  • 安い
  • デザインがおしゃれ
  • 有線接続と無線接続の両方に対応している
  • マルチポイントに対応している
  • バッテリーの持ちがいい

などを条件に結構な時間をかけてリサーチしましたが、これらの条件に該当するヘッドホンはATH-S220BTぐらいでした。

コスパの面で見れば、めちゃくちゃ優秀な製品だと思います。

使ってみてわかったATH-S220BTのデメリットやイマイチな点

実際に使ってみて「良い製品だな」と感じているATH-S220BTですが、欠点がないわけではありません。

使ってみてわかったATH-S220BTのデメリットやイマイチな点としては、以下の3つがあげられます。

  • 音質にこだわっている製品ではない
  • 長時間つけていると耳が痛くなる
  • 有線接続時はボタンで操作できない

それぞれ詳しく解説していきます。

音質にこだわっている製品ではない

音源のコーデックには、

  • SBC
  • AAC
  • aptX
  • LDAC

など、いくつか種類がありますが、ATH-S220BTは、一番音質の低いSBCにしか対応していません。

このことからも、ATH-S220BTが音質にこだわっている製品でないことがわかります。

audio-technicaの製品なので最低限のラインはクリアしていますし、実際に使っている中でも特別音質が悪いと感じたことはありません。

ただ、音質へのこだわりが強い人や高音質なワイヤレスヘッドホンが欲しい人は物足りなく感じてしまうかもしれません。

長時間つけていると耳が痛くなる

長時間つけていると耳が痛くなる

ATH-S220BTを使っている中で特に気になるのが、長時間つけていると耳が痛くなってしまう点です。

連続で数時間つけ続けていると、確かに痛みを感じます。

痛みについては個人差があるかとは思いますが、他の人が投稿している口コミでも同じような意見を見かけるので、この点はしっかり認識しておいた方がいいかもしれません。

有線接続時はボタンで操作できない

ATH-S220BTは本体にあるボタンでさまざまな操作がおこなえると紹介してきました。

ただ、有線接続で使用しているときはボタンでの操作はおこなえない仕様になっています。

再生や一時停止など、ボタンでの操作がおこなえるのは無線で端末に接続しているときだけです。

有線で接続しているときは、スマホやタブレット、PCなど、端末側での操作が必要になるので注意しましょう。

有線で接続しているときは、スマホやタブレット、PCなど、端末側での操作が必要になるので注意しましょう。

ATH-S220BTの評価は?購入したユーザーの口コミ・評判を紹介

ここまで僕の感想を中心に紹介してきましたが、ATH-S220BTを実際に購入する上で「他のユーザーの意見も参考にしたい」と考えている方も少なくないかと思います。

そこでここからは、ATH-S220BTを購入したユーザーの評価について紹介していきたいと思います。

ATH-S220BTを購入したユーザーの評価

ATH-S220BTを購入したユーザーの評価

こちらは、ATH-S220BTを高く評価しているユーザーとイマイチだと評価しているユーザーの割合を円グラフにしたものです。

「どちらでもない」と回答しているユーザーも3%ほどいますが、90%がATH-S220BTは良い製品だと評価しています。

よくない評価をしているユーザーもいますが、割合的には7%ほどとかなり少ないので、ATH-S220BTは、購入したユーザーの満足度が非常に高い製品だと言えます。

ATH-S220BTの良い口コミ・良い評判

ATH-S220BTの良い口コミ・良い評判
満足度が高い
30%
音質が良い
26%
価格が安い・コスパが高い
26%
長時間使える
11%
軽い
7%

※2023年5月1日時点でのデータです

こちらのグラフは、ATH-S220BTの良い口コミや良い評判の中で特に多かった意見をまとめたグラフです。

さまざまな意見が投稿されていましたが、

「買って良かった!」
「満足している!」

という意見が特に多く投稿されていました。

また、ATH-S220BTの強みの一つである価格の安さやコスパの良さを評価している口コミや、バッテリーが長持ちする点を評価する口コミも多かったです。

「軽くて長時間つけていても疲れない」という意見も複数投稿されていました。

音質に関する良い口コミも多く、意外と評価が高いんだなと感じられました。

ただ、「値段のわりには音質が良かった」などといった意見も多かったので、音質については、「価格のわりには…」と考えておいた方が良さそうです。

ATH-S220BTの悪い口コミ・良い評判

ATH-S220BTの悪い口コミ・良い評判
長時間使っていると耳が痛くなる
40%
音質がイマイチ
30%
音漏れする
10%
不具合が多い
10%
すぐ壊れた
10%

※2023年5月1日時点でのデータです

一方こちらのグラフは、ATH-S220BTの悪い口コミや悪い評判の中で特に多かった意見をまとめたグラフです。

特に多かったのが「長時間使っていると耳が痛くなる」という意見で、僕と同じように感じているユーザーは少なくないようです。

全体的にポジティブな意見でまとめつつ、「耳が痛くなる点だけは残念だった」という内容の口コミもありました。

また、「音質がイマイチ」という意見も多かったので、音質にこだわりたい人は要注意と言えそうです。

ATH-S220BTをおすすめしたい人・おすすめできない人

実際に使ってみた感想やユーザーの口コミをふまえた上で、ATH-S220BTは以下の条件に当てはまる人におすすめだと言えます。

ATH-S220BTをおすすめしたい人
  • 有線と無線の両方で使いたい
  • マルチポイントに対応しているヘッドホンが欲しい
  • リーズナブルでコスパの高いヘッドホンが欲しい

ATH-S220BTはとにかくリーズナブルでコスパの高いヘッドホンなので、安くて高機能なヘッドホンを探している人におすすめです。

これらの条件に該当する人がATH-S220BTを購入した場合、満足度はかなり高くなると思います。

一方、以下の条件に該当する人にはあまりおすすめできません。

ATH-S220BTをおすすめできない人
  • 音質の良いヘッドホンが欲しい
  • 連続して長時間使いたい
  • ANCや外音取り込みなど最新の機能も体験したい

ATH-S220BTは音質にこだわった製品ではありません。

対応しているコーデックも標準的な音質とされるSBCのみなので、とにかく良い音で音楽や映像を楽しみたいという人にはおすすめできません。

また、ユーザーからの意見でも多かったように、長時間つけていると耳が痛くなりやすいので、数時間使用し続けるつもりで購入するのもおすすめできません。

ATH-S220BTは値段の割にかなり多機能な製品ではありますが、ANC(アクティブノイズキャンセリング)や外音取り込みなど最新の機能が備わっている製品ではないので、それらの機能が欲しい人や試してみたい人も購入は避けるべきだと言えます。

「ATH-S220BTを購入するべきか迷う…」という方は、同価格帯の製品と比較してみるのがおすすめです。

以下は、ATH-S220BTと近い価格帯の、人気のヘッドホンです。

スクロールできます
ATH-S220BTLife Q20Life Q20+WH-CH520Tune 520BT
メーカーaudio-technicaSoundcoreSoundcoreSONYJBL
価格5,036円5,990円6,990円7,000円6,145円
対応コーデックSBCAAC / SBCAAC / SBCAACAAC / SBC
ハイレゾ
接続方法無線 / 有線無線 / 有線無線 / 有線無線
マルチポイント
ノイズキャンセリング
外音取り込み

僕はaudio-technicaというメーカーが好きで、デザインも好みだったのでATH-S220BTを購入しましたが、さらにコスパを追求するのであれば「Life Q20」「Life Q20+」の方がコスパが高く、おすすめです。

ATH-S220BTもおすすめではありますが、同価格帯で魅力的な製品は他にもあるので、ぜひ比較しながらどの製品を購入するか検討してみてください。

ATH-S220BTはどこで買うべき?ポイント還元率を含めた最安値をリサーチ!

ATH-S220BTを購入できる通販サイトの情報もまとめてみました。

通販サイト販売価格ポイント実質価格
Amazon5,036円50ポイント4,986円
楽天市場5,940円540ポイント5,400円
Yahoo!ショッピング5,031円320ポイント4,711円
ヨドバシカメラ5,540円554ポイント4,986円
ビックカメラ5,540円554ポイント4,986円
コジマ4,986円0ポイント4,986円
ヤマダ電機4,986円0ポイント4,986円
エディオン5,346円244ポイント5,102円

※2023年5月1日時点でのデータです

ATH-S220BTはさまざまな通販サイトで購入できますが、単純な販売価格では「コジマ」「ヤマダ電機」が最安だと言えます。

一方、販売価格から付与されるポイント分を引いた実質価格では、「Yahoo!ショッピング」が最安です。

通販サイトで購入する場合、配送の早さや在庫状況も関係してくるので価格がすべてではありませんが、購入する際の参考にしてみてください。

audio-technica『ATH-S220BT』レビューまとめ

audio-technicaのATH-S220BTについて紹介してきました。

ATH-S220BT
総合評価
( 4 )
メリット
  • 有線と無線の両方で利用できる
  • マルチポイントに対応している
  • バッテリーの持ちがいい
  • 価格が安くてコスパが高い
デメリット
  • 長時間連続で使っていると耳が痛くなる
  • 特別音質がいいわけではない
  • 有線接続時はボタンを操作できない

ATH-S220BTは、リーズナブルな価格のわりに満足度の高いワイヤレスヘッドホンでした。

ここまで満足度が高くてコスパが良いと感じられるワイヤレスヘッドホンはなかなかないので、リーズナブルな点や利便性の高さに魅力を感じる方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

audio-technica(オーディオテクニカ)
¥4,974 (2024/04/16 20:46時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonで探す >
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次