MENU

サーモスの真空断熱マグカップをレビュー|デザイン性と機能性を兼ね備えたマグカップ

サーモスの真空断熱マグカップをレビュー|デザイン性と機能性を兼ね備えたマグカップ

在宅ワークのお供に欠かせないお茶やコーヒーといった飲み物。

でも、仕事に集中するあまり「気づいたらぬるくなっていた」なんてことも少なくありません。

そこで、保冷や保温などの機能性に優れ、なおかつデザイン的にも今のデスクにマッチするアイテムを探していて見つけたのが、今回紹介するサーモスの真空断熱マグカップです。

この記事では、サーモスの真空断熱マグカップ「JDG-451C」を紹介していきます。

目次

サーモスの真空断熱マグカップってどんな製品?

サーモスの真空断熱マグカップってどんな製品?「JDG-451C」は、120年以上続く魔法瓶のパイオニア的ブランド「THERMOS(サーモス)」のマグカップです。

[jin-iconbox05]THERMOS(サーモス)公式サイト[/jin-iconbox05]

魔法瓶のパイオニアであるサーモスが製造・販売しているマグカップだけあって、マグカップの内部に魔法瓶の構造が採用されていて、保冷性や保温性に優れています。

使ってみてわかったサーモスの新靴断熱マグカップの良いところ

サーモスの真空断熱マグカップを実際に使ってみて感じた良いところが、以下の5つ。

[box02 title=”良いところ”]

  • シンプルでおしゃれなデザイン
  • 持ち手がついていて使いやすい
  • 蓋付きで衛生的
  • 保温&保冷の機能が備わっている
  • 450mlの大容量サイズも用意されている

[/box02]

それぞれ詳しく解説していきます。

シンプルでおしゃれなデザイン

シンプルでおしゃれなデザイン
サーモスの真空断熱マグカップのデザインはとにかくシンプル。

保冷や保温の機能が備わっているマグカップはデザインがダサくなってしまいがちですが、このマグカップはシンプルで洗練されている分ダサさが感じられません。

木の天板でDIYした無骨なデスクで使っていても違和感がなく、マッチしています。

持ち手がついていて使いやすい

持ち手がついていて使いやすい僕はもともとサーモスの真空断熱マグカップではなく、KINTO(キントー)のタンブラーを使っていました。

デザインや色味が好きでお気に入りのアイテムだったんですが、持ち手がついていなかったので何回も落としそうになってしまっていました。

こちらのマグカップは持ち手がついていてしっかりと持つことができるので安心して使えますし、使い心地も抜群です。

蓋付きで衛生的

蓋付きで衛生的サーモスの真空断熱マグカップには専用の蓋が付いています。

中の飲み物を飲まないときはこの蓋でホコリや虫の侵入を防げるので衛生的です。

「蓋がもっとしっかりしていれば…」という意見をよく見かけますが、簡易的な蓋だからこそスムーズに開け閉めできてストレスを感じないようになっているので、マグカップとして使うのであればこの蓋がベストだと思います。

保温&保冷の機能が備わっている

保温&保冷の機能が備わっているサーモスの真空断熱マグカップには保温と保冷の機能が備わっているので、仕事のお供に最適です。

冷たいお茶や温かいコーヒーを入れた後でしばらく放置していてもいい温度を保ってくれます。

また、一般的なコップと違って側面に結露がつくこともありませんし、本体が熱くなってしまうこともありません。

450mlの大容量サイズも用意されている

サーモスの真空断熱マグカップは、350mlのと450mlという2種類のサイズが用意されています。

僕はお茶やコーヒーを何度も注ぎにいくのが面倒だと感じるたちなので、450mlの大容量サイズが用意されている点が非常に魅力的でした。

450mlだと500mlのペットボトルと同じくらいの容量になるので、頻繁に注ぎにいく必要がありません。

保冷・保温の機能を備えた大容量サイズのマグカップは意外と少ないので、これもサーモスの真空断熱マグカップの良いところの一つになっています。

使ってみてわかったサーモスの真空断熱マグカップのイマイチなところ

良いところが多く基本的に満足しているサーモスの真空断熱マグカップ。

ただ、イマイチなところがないわけではありません。

サーモスの真空断熱マグカップのイマイチなところとしては、以下の2点があげられます。

[box01 title=”イマイチなところ”]

  • 蓋に水滴がつく
  • 保冷&保温の機能はそれほど高くない

[/box01]

それぞれ詳しく解説していきます。

蓋に水滴がつく

蓋に水滴がつくサーモスの真空断熱マグカップの特徴の一つである「蓋」ですが、熱い飲み物を入れている状態で蓋をしてしばらく放置していると蓋に水滴がついてしまうので注意しなくてはいけません。

油断していると、「大切な書類に蓋についた水滴が垂れてしまった…」なんてことになっててしまう可能性も。

これはサーモスのマグカップが悪いわけではなく蓋付きのマグカップの宿命とも言える部分かもしれません。

「蓋についた水滴がデスクや書類に垂れるのは嫌」って人は、蓋を外せずに飲めるタイプの製品をおすすめします。

保冷&保温の機能はそれほど高くない

サーモスの真空断熱マグカップは保冷や保温の機能が備わっている機能性の高いマグカップですが、特別保冷性や保温性が高いというわけではありません。

気温にも左右されますが、熱々のコーヒーをそれなりの温度で楽しめるのは注いでから一時間ほどといったところです。

僕はこの性能で全然問題ありませんが、物足りないと感じる人は、より保冷性や保温性の高い製品の購入をおすすめします。

サーモスの真空断熱マグカップのレビューまとめ

サーモスの真空断熱マグカップのレビューまとめサーモスの真空断熱マグカップについて紹介してきました。

サーモスの真空断熱マグカップは東急ハンズのような雑貨店やドン・キホーテなどのディスカウントショップでも販売されている、比較的手に入りやすいアイテムです。

もちろん、Amazonや楽天などの通販サイトでも販売されていて、Amazonであれば1,600円と定価の半額ほどの値段で購入できます。

マグカップ一つに1,600円は高いと感じるかもしれませんが、在宅ワークのストレスを解消してくれる便利なアイテムなので、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次