\ 最大10%ポイントアップ! /

iPadはWi-Fiモデルとセルラーモデル、どっちを選ぶべき?6つの大きな違い触れながら解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

iPadにはWi-Fiモデルとセルラーモデルという2種類のモデルがありますが、どちらのモデルを選ぶかによって使い勝手や価格が異なるため、どちらを選ぶべきか頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、iPadのWi-Fiモデルとセルラーモデルの違いに触れつつ、

  • どっちのモデルがおすすめか
  • どちらのモデルを選ぶべきか

について、紹介していきたいと思います。

どっちのモデルがおすすめなのか

目次

iPadのWi-Fiモデルとセルラーモデルの違い

iPadにはWi-Fiモデルとセルラーモデルの主な違いは、以下とおりです。

Wi-Fiモデルセルラーモデル
通信方法Wi-FiWi-Fi
モバイルデータ通信
価格安い高い
SIM・eSIM利用不可利用可能
GPS利用不可利用可能
テザリング利用不可利用可能
デザインアンテナラインなしアンテナラインあり

Wi-Fiモデルとセルラーモデルには、6つの大きな違いがあります。

それぞれの違いについて解説していきます。

1. 通信方法

iPadはインターネットに接続して使用する端末ですが、Wi-Fiモデルとセルラーモデルではインターネットに接続するための通信方法が異なります。

Wi-FiモデルのiPadはWi-Fiでの通信をおこなえるモデルなので、

  • 自宅や職場のWi-Fi
  • ポケットWi-FiやモバイルWi-Fi
  • フリーのWi-Fi

などに接続し、使用することになります。

一方、セルラーモデルのiPadは、Wi-Fiに加えてモバイルデータ通信にも接続できるようになっているので、スマホと同じような感覚で使用することが可能です。

2. 価格

Wi-FiモデルのiPadとセルラーモデルのiPadは価格も大きく異なります。

現在購入可能なiPadのWi-Fiモデルとセルラーモデルの価格は以下のとおりです。

スクロールできます
モデル / 容量64GB128GB256GB512GB1TB2TB
iPadWi-Fi:49,800円
セルラー:69,800円
Wi-Fi:71,800円
セルラー:91,800円
iPad miniWi-Fi:72,800円
セルラー:94,800円
Wi-Fi:94,800円
セルラー:116,800円
iPad AirWi-Fi:84,800円
セルラー:106,800円
Wi-Fi:106,800円
セルラー:128,800円
iPad Pro
(11インチ)
Wi-Fi:117,800円
セルラー:139,800円
Wi-Fi:132,800円
セルラー:154,800円
Wi-Fi:162,800円
セルラー:184,800円
Wi-Fi:222,800円
セルラー:244,800円
Wi-Fi:282,800円
セルラー:304,800円
iPad Pro
(12.9インチ)
Wi-Fi:159,800円
セルラー:181,800円
Wi-Fi:174,800円
セルラー:196,800円
Wi-Fi:204,800円
セルラー:226,800円
Wi-Fi:264,800円
セルラー:286,800円
Wi-Fi:324,800円
セルラー:346,800円
※Apple公式通販サイトより(2022年7月時点)

セルラーモデルはモバイルデータ通信も活用できるのでWi-Fiモデルよりも便利なモデルだと言えますが、その分、Wi-Fiモデルよりも20,000~22,000円ほど価格が高くなります。

3. SIM・eSIM

Wi-FiモデルのiPadはモバイルデータ通信をおこなうことができない仕様になっているため、SIMカードを入れるためのスロットが設けられていませんし、eSIMを利用することもできません。

一方、セルラーモデルのiPadにはスロットが設けられているのでSIMカードを挿入して使用することができますし、eSIMを契約して使用することもできます。

4. GPS

端末の位置情報を正確に把握するGPSの機能ですが、セルラーモデルのiPadにはGPSが搭載されているものの、Wi-FiモデルのiPadにはGPSが搭載されていません。

Wi-Fiモデルでもインターネットに接続さえしていれば位置情報を把握できるのでマップのアプリなど位置情報を必要とするアプリやサービスが使えないということはありませんが、GPSの搭載されたセルラーモデルに比べると多少位置情報の精度が劣ってしまうことがあります。

5. テザリング

親機の通信環境を他の端末でも使えるようにできるテザリングの機能ですが、Wi-FiモデルのiPadはモバイルデータ通信が利用できないため、テザリングの機能も使用できません。

一方、セルラーモデルのiPadはモバイルデータ通信に対応しているので、テザリングに対応しているSIMやeSIMを契約すればテザリングをおこなえるようになります。

6. デザイン

セルラーモデルのiPadにはモバイルデータ通信をおこなうためのアンテナが内蔵されているため、背面の上部と下部にそれぞれアンテナのラインが入ります。

一方、Wi-Fiモデルにはアンテナが内蔵されていないため、アンテナのラインは入っておらず、セルラーモデルよりもシンプルなデザインになっています。

Wi-FiモデルのiPadとセルラーモデルのiPad、どっちがおすすめ?

価格や機能、デザインなどさまざまな違いがあるWi-FiモデルのiPadとセルラーモデルのiPadですが、おすすめなのはWi-FiモデルのiPadです。

Wi-FiモデルのiPadはWi-Fiに接続できる環境さえあればセルラーモデルと同じような感覚で使えるので、自宅のWi-Fi環境が整っている人やテザリングできるスマホを持っている人がわざわざセルラーモデルを購入する必要はありません。

また、ポケットWi-FiやモバイルWi-Fiなど持ち運べるタイプのWi-Fi端末を持っている人にもWi-Fiモデルがおすすめです。

WフリーWi-Fiはセキュリティに難があるのであまりおすすめできませんが、テザリングさえできれば外出先でもフル活用できます。

ただ、テザリングすると親機のバッテリーの消費が激しくなるので、テザリングで運用しようと考えている方にはモバイルバッテリーの購入をおすすめします。

一方、

  • 自宅にWi-Fi環境が整っていない
  • テザリングせずにiPadを使いたい
  • 毎日外でiPadを使って作業する予定

という方には、Wi-FiモデルではなくセルラーモデルのiPadをおすすめします。

まとめ:iPadはWi-Fiモデルが断然おすすめ

iPadにはWi-Fiモデルとセルラーモデルがありますが、セルラーモデルはWi-Fiモデルには無い機能が搭載されている分、価格が高いという大きなデメリットがあります。

20,000~22,000円ほど価格が高くなってしまうので、余程の理由がない限りはWi-Fiモデルを選ぶべきです。

Wi-Fi環境が整っていない場合やテザリングを使用せず毎日のように外出先で使用したい場合などセルラーモデルの方が適しているケースもありますが、ほとんどの方はWi-Fiモデルでこと足りるはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次