MENU

64GBで足りる?失敗しないiPadの容量の選び方

iPadを購入する上で頭を悩ませることになるのが、「容量」について。

容量が少ないモデルの方が安いため容量の少ないモデルを選びたいところではありますが、後々「容量が足りない…!」となってしまう可能性もあるため、安いからと言って安易に容量の少ないモデルを選ぶこともできません。

iPadの容量不足を解消する方法はいくつかありますが、iPadそのものの容量を後から増やすことはできないので、容量選びは慎重におこなわなくてはいけません。

この記事では、「iPadはどういった用途に容量を使用するのか」という点について解説しながら、iPadの容量の選び方やおすすめの容量について紹介していきたいと思います。

目次

iPadのモデルと容量一覧

iPadの容量を選ぶ上でまず把握しておきたいのが、現在購入可能なiPadのモデルとそれぞれのモデルで選択可能な容量の種類、そしてそれぞれの容量を選択したときの価格についてです。

現在購入可能なiPadのモデルと選択可能な容量、また、それぞれの容量を選択した場合の価格は以下のとおりです。

スクロールできます
モデル / 容量64GB128GB256GB512GB1TB2TB
iPadWi-Fi:49,800円
セルラー:69,800円
Wi-Fi:71,800円
セルラー:91,800円
iPad miniWi-Fi:72,800円
セルラー:94,800円
Wi-Fi:94,800円
セルラー:116,800円
iPad AirWi-Fi:84,800円
セルラー:106,800円
Wi-Fi:106,800円
セルラー:128,800円
iPad Pro
(11インチ)
Wi-Fi:117,800円
セルラー:139,800円
Wi-Fi:132,800円
セルラー:154,800円
Wi-Fi:162,800円
セルラー:184,800円
Wi-Fi:222,800円
セルラー:244,800円
Wi-Fi:282,800円
セルラー:304,800円
iPad Pro
(12.9インチ)
Wi-Fi:159,800円
セルラー:181,800円
Wi-Fi:174,800円
セルラー:196,800円
Wi-Fi:204,800円
セルラー:226,800円
Wi-Fi:264,800円
セルラー:286,800円
Wi-Fi:324,800円
セルラー:346,800円
※Apple公式通販サイトより(2022年7月時点)

Wi-Fiモデルを選ぶかセルラーモデルを選ぶかによっても価格が異なってきますが、容量の多いモデルを購入する場合、容量の少ないモデルを購入する場合にに比べ、数万円単位で出費が増えることになります。

そのため、iPadの容量選びは予算を加味しながら慎重におこなわなくてはいけないわけです。

そもそも「容量」って何に使われるの?

iPadの容量が使用されるシーンを大きく分けると、

  • iPadOS
  • システムデータ
  • アプリ
  • データ(書類、写真、動画など)

の4つに分けることができます。

それぞれで使用される容量の目安は以下のとおりです。

種類容量の目安
iPadOS9GB
システムデータ5GB
アプリ100MB~1GB
データ書籍:1~5MB
漫画:50~100MB
音楽:5~10MB
映画:300~500MB
写真:2MB
動画:10MB~

iPadOSとシステムデータはかなり容量を食いますが、iPadを使用する上で欠かせないものなので14GBは確実に使用すると考えておくべきです。

また、OSをアップデートするときに4.~5GBほど使用することになるので、18~19GBは確保しておくべきだと言うことになります。

その場合、容量が64GBしかないと実質45~46GB分しか使えないということになってしまいます。

64GBのiPadがおすすめな人

先ほど紹介した使用される容量の目安などをふまえた上で64GBのiPadがおすすめな人としては、以下のような人があげられます。

64GBのiPadがおすすめ人
  • エンタメ用の端末としてiPadを使いたい人
  • ちょっとしたノートやメモ帳代わりに使いたい
  • ちょっとだけイラストを描きたい

iPadでやりたいことが、

  • サイトの閲覧
  • 読書
  • 動画視聴
  • 音楽鑑賞

など、エンタメ中心の場合、128GBや256GBなど大容量のiPadを選ぶ必要はありません。

また、ちょっとしたノートやメモ帳代わりに使いたい人やちょっとしたイラスト制作を楽しみたいと考えている方も64GBで十分だと考えられます。

ただし、動画や音楽をダンロードして楽しみたい場合は64GBだと足りなくなってしまう可能性が高いので注意しなくてはいけません。

また、読書が書籍中心のものであれば問題ありませんが、漫画や雑誌はデータの容量が大きくなってしまいがちなので、漫画や雑誌を中心に楽しみたい場合も64GBだと容量不足になってしまう可能性があるので注意してください。

128GBのiPadがおすすめ人

128GBのiPadがおすすめな人としては、以下のような人があげられます。

128GBのiPadがおすすめ人
  • 漫画を中心に読書を楽しみたい
  • イラストやデザインなどクリエイティブ作業を楽しみたい
  • 写真や動画を撮影したい
  • 勉強に使いたい

個人的におすすめなのが、128GBのiPadです。

ほとんどの人は128GBで事足ります。

128GBもあれば漫画を1,000冊以上ダウンロードしても余裕がありますし、イラストやデザイン、写真や動画の撮影も思いっきり楽しめます。

ノートも大量に作成できるので、受験勉強や資格の勉強など勉強用の端末としても大活躍してくれますよ。

256GB以上のiPadがおすすめな人

256GB以上のiPadがおすすめな人としては、以下のような人があげられます。

256GBの以上のiPadがおすすめ人
  • 動画を大量に撮影したい
  • 動画を編集したい
  • イラストやデザインなどクリエイティブな仕事でiPadを活用したい

長時間の動画撮影や大量の動画撮影、動画編集などiPadを動画用の端末として使いたいのであれば、256GB以上のモデルを選んだ方がいいでしょう。

また、趣味ではなく、イラストやデザインなどの仕事でiPadを活用したい場合も256GB以上のモデルを選んでおいた方が無難です。

まとめ:iPadの容量はやりたいことに合わせて選ぼう

iPadの容量は、iPadでやりたいことに合わせて選ぶようにすれば失敗しません。

サイトの閲覧や書籍を中心とした読書、ストリーミングでの動画視聴や音楽鑑賞などライトな使い方であれば64GBでも十分事足ります。

一方、漫画を中心とした読書やイラスト・デザインなどのクリエイティブな作業、勉強に活用したいと考えているのであれば128GB以上のモデルを選んでおいた方が無難です。

また、動画編集をやりたい方やイラストやデザインなどの仕事にiPadを活用したいと考えている方には256GBのiPadがおすすめだと言えます。

万が一容量が足りなくなってしまった場合、iCloudなどのクラウドサービスや外付けのストレージを活用することもできますが、本体のストレージを後から増設することはできないので、容量選びは慎重におこなうようにしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次