MENU

iPad mini 6の購入を待つべきではない4つの理由!それでも待つべき人は〇〇な人

YouTubeやSNSで大絶賛されている人気のタブレット端末「iPad mini 6」。

ただ、円安の影響で価格が高くなったりゼリースクロールといった問題が発生したりしていることもあって、「次のiPad miniが出るまで待つべきかな…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そう考えてしまう気持ちもわからなくはありませんが、大半の人はiPad mini 6の購入を待つべきではありません。

この記事では、大半の人がiPad mini 6の購入を待つべきではない理由と、次のiPad miniが出るまで待つべき一部の人について解説していきたいと思います。

iPad mini 6を購入するべきかどうかで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

Apple(アップル)
¥72,800 (2022/10/02 16:48時点 | Amazon調べ)
目次

iPad mini 6の購入を待つべきではない4つの理由

iPad mini 6の購入を待つべきでない理由
  1. 今後値上がりする可能性があるから
  2. ゼリースクロール問題は解消されそうもないから
  3. 次のiPad miniが出るまで一年以上かかる可能性が高いから
  4. ほぼ完璧なiPad miniだから

次のiPad miniの発売を待たずにiPad mini 6を購入するべき主な理由としては、上記の4つがあげられます。

それぞれ詳しく解説していきます。

1. 今後値上がりする可能性があるから

iPad mini 6の発売当時の販売価格は「59,800円~9万5,800円」でしたが、円安が進んだ影響により、2022年の7月1日に大幅な値上げがおこなわれました。

値上げ後の価格は「72.800円~116,800円」と、元の価格に比べ「13,000円~21,000円」も高くなってしまいました。

ただ、円安は落ち着くどころかその後も加速してしまっているため、今後さらに値上がりしてしまう可能性があります。

このまま円安の状態が続けば、新しいiPad miniはiPad mini 6よりも高くなると予想されるので、その前に購入するべきだと言えます。

2. ゼリースクロール問題は解消されそうもないから

iPad mini 6が発売されてすぐに話題となったゼリースクロール問題。

スクロールすると画面がブレて見えるこの現象ですが、発売から半年以上経った今でも改善される様子はありません。

関連するニュースや話題も、ここ最近はめっきり出てこなくなってしまいました。

Appleがゼリースクロールは液晶の仕様と回答していることから考えると、ゼリースクロール減少は改善されない可能性の方が高いと考えられます。

そのため、「ゼリースクロール問題が改善されたら購入しよう」と考えている人は諦めて購入してしまった方がいいかもしれません。

実際、僕もゼリースクロールが気になってiPad mini 6の購入を渋っている時期がありましたが、実際に購入してみるとそこまで気になるようなものではありませんでしたよ。

3. 次のiPad miniが出るまで一年以上かかる可能性が高いから

iPad mini 6は発売されてから約1年が経過しています。(2022年9月4日時点)

そのため、「次のiPad miniが発売されるまで待ったほうがいいんじゃないか」という考えている人も多いかと思いますが、次のiPad miniが発売されるまでにはまだまだ時間がかかりそうなので、新製品を待つという考えは改めた方がいいかもしれません。

iPad miniはこれまでに6種類のモデルが発売されていますが、その発売周期は650日とかなり長めです。

これまでの周期通りに新しいモデルが発売されるとしても、後300日以上待たなくてはいけないことになります。

もちろん、これまでの周期通りに発売されない可能性もあるため300日も待たなくていいかもしれませんが、300日以上待たされてしまう可能性もあります。

「欲しい」と思いながら何ヶ月も過ごすぐらいであれば、購入してiPad mini 6のある生活を満喫する方がよっぽど生産的だと言えるので、いつ出るかわからない次の製品を待っているよりは、現時点での最新モデルであるiPad mini 6を購入してしまうことをおすすめします。

4. ほぼ完璧なiPad miniだから

iPad miniは性能の高さを売りにしているモデルではなく、コンパクトさや気軽に持ち運べる点を強みとしているモデルです。

使用感も独特で万能なiPadというわけではないため人を選ぶiPadだと言えますが、「iPad mini」というモデルとしてはほぼ完璧な端末だと言っても過言ではありません。

片手で持てるコンパクトなサイズでありながら8.3インチの大きな画面を備えていますし、第2世代のApple Pencilにも対応しています。

Touch IDが備わっているのでわざわざパスコードを入力する必要もありませんし、前のモデルに比べて性能も格段にアップしています。

「iPadではなくiPad miniが欲しい」と考えている人には本気でおすすめできるモデルだと言えます。

Apple(アップル)
¥72,800 (2022/10/02 16:48時点 | Amazon調べ)

iPad mini 6を購入を待つべき人とは

iPad mini 6の購入を待つべき人
  1. Face ID(顔認証)が搭載されたモデルが欲しい
  2. ゼリースクロールの問題がどうしても気になる

次のモデルが発売されるのを待たずに今すぐ購入するべきiPad mini 6ですが、「今すぐ購入せずに待つべき」という例外的なケースもあります。

その例外的な2つのケースについて解説していきます。

Face ID(顔認証)が搭載されたモデルが欲しい

iPadには、指紋でロックを解除するTouch IDが搭載されたモデルと顔認証でロックを解除するFace IDが搭載されたモデルがありますが、iPad mini 6にはFace IDではなくTouch IDが搭載されています。

そのため、もしFace IDが搭載されたiPad miniが欲しいと考えているのであれば、次のモデルを待つしかありません。

iPad mini 6のTouch IDは本体の上部にある電源ボタンに搭載されているので、そういったモデルを使ったことがない方は少し混乱してしまったり違和感を感じるかもしれません。

Face IDの方が使いやすいと感じる人の場合Touch IDの使用感にストレスを感じてしまう可能性があるので、Face IDが搭載されたiPad miniが発売されるまで購入は待つべきだと言えます。

ゼリースクロールの問題がどうしても気になる

「気にならない」という人も多いゼリースクロールですが、気になる人はとことん気になるようです。

実際、ゼリースクロールにどうしても慣れることができずに売却してしまったという方も少なくありません。

Appleの公式サイトから購入する場合で理由を問わず14日間は返品できるようになっているので、ゼリースクロールに不安を感じている方は公式サイトから購入して試してみた上で判断してみるといいかもしれません。

まとめ:Touch IDとゼリースクロールが気にならないならiPad mini 6を今すぐ購入するべき

Touch IDとゼリースクロールの問題が気にならないのであれば、次のiPad miniが発売されるのを待たずにiPad mini 6を購入するべきです。

Face IDが搭載された次のiPad miniはいつ発売されるかわかりませんし、ゼリースクロールの問題も解決されそうにありません。

その不確定な状態で待ち続けるよりも、一日でも早くiPad mini 6を手に入れて、iPad mini 6のある生活を満喫してみてはいかがでしょうか?

Apple(アップル)
¥72,800 (2022/10/02 16:48時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次