MENU

iPadをアップルストアや公式通販サイトで買う6つのメリットと2つのデメリット

iPadはAmazonなどの通販サイトや家電量販店などさまざまな場所で購入できますが、それらの場所だけでなく、アップルストアやAppleの公式通販サイトでも購入可能です。

実際、アップルストアや公式通販サイトでの購入を検討している方は多いかと思いますが、そこで気になるのが、アップルストアや公式通販サイトで購入するメリットやデメリットについてではないでしょうか?

この記事では、Apple製品をアップルストアやAppleの公式通販サイトで購入するメリットとデメリットについて紹介していきます。

目次

iPadをアップルストアや公式通販サイトで買うメリット

iPadをアップルストアや公式通販サイトで買うメリット
  1. 実機に触れられる
  2. 14日以内であれば自己都合でも返品できる
  3. 学割が利用できる
  4. 金利0%の分割払いを利用できる
  5. Apple認定の整備済製品を購入できる
  6. 刻印サービスが用意されている

iPadをアップルストアや公式通販サイトで買う主なメリットとしては、上記の6つがあげられます。

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

1. 実機に触れられる

Appleの直営店であるアップルストアには、さまざまなモデルのiPadが展示されていて、触れることができます。

家電量販店の中にも実機に触れられるところはありますが、品揃えはアップルストアの方が充実していますし、端末の数も多いので、実機を触った上で購入を検討するのであればアップルストアがおすすめです。

また、アップルストアにはiPadのことを知り尽くした専門のスタッフが常駐しているので、色々と質問したり相談したりもできます。

2. 14日以内であれば自己都合でも返品できる

アップルストアやAppleの公式通販サイトで購入した製品は、14日以内であれば返品可能です。

Appleの返品精度はかなり太っ腹で、商品を開封している場合はもちろん、使用していても返品できますし、「やっぱりいらない」など自己都合での返品にも対応してくれます。

壊してしまったり商品を著しく損傷させた場合など返品を受け付けてもらえない場合もありますが、ほとんどのケースで返品を受け付けてもらえるという神がかった返品制度です。

個人的に、Apple製品をアップルストアやAppleの公式通販サイトで購入する最大のメリットは、この14日間の返品制度だと思っています。

3. 学割が利用できる

アップルストアやAppleの公式通販サイトでは学割の制度も用意されています。

対象となるのは、

  • 高等専門学校生、専門学校生、大学生とその両親
  • 高等専門学校、専門学校、大学に進学が決まった人とその両親
  • 教育機関の教職員

など、限定的ではありますが、これらの条件に該当する方は7,000円ほど安くiPadを購入することができます。

4. 金利0%の分割払いを利用できる

Appleの公式通販サイトでは分割でiPadを購入することができますが、3回払いまでであれば金利が発生しません。

また、不定期にではありますが、24回払いまで金利が0%になるキャンペーンが開催されることもあります。

このシステムは、分割でiPadを購入したいと考えている方にとって非常に魅力的です。

5. Apple認定の整備済製品を購入できる

Appleの公式通販サイトでは、Apple認定の整備済製品も購入可能です。

Apple認定の整備済品は、初期不良などによって返品された製品をAppleが整備し直し、再販している製品です。

最新モデルは整備済製品として再販されませんが、最新のモデルよりも10,000~20,000円ほど安く購入できるので、iPadをなるべく安く手に入れたい方におすすめです。

実際、僕も整備済製品のiPadを購入し、愛用しています。

6. 刻印サービスが用意されている

Appleの公式通販サイトでは、製品への刻印サービスも用意されています。

購入したiPadの背面の上部に、半角31文字、全角20文字の文言を2行まで刻印できるようになっています。

もちろん料金は発生しません。

自分だけのオリジナルiPadが欲しい方やプレゼントしたい方におすすめのサービスです。

iPadをアップルストアや公式通販サイトで買うデメリット

iPadをアップルストアや公式通販サイトで買うデメリット
  1. 店舗が少ない
  2. ポイントがつかない

さまざまなメリットのあるアップルストアや公式通販サイトでの購入ですが、上記のようなデメリットもあるので実際に購入する場合は注意しなくてはいけません。

それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

1. 店舗が少ない

アップルストアは、国内に10店舗しかありません。

  • 東京
  • 神奈川
  • 愛知
  • 京都
  • 大阪
  • 福岡

と、地域もかなり限定的です。

そのため、これらの地域以外の方がアップルストアで実機に触れたり製品を購入したりするのは難しいと言えます。

2. ポイントがつかない

Amazonなどの通販サイトや家電量販店でiPadを購入した場合、ポイントの還元があります。

Apple製品は還元率が低く1%ほどとなっていますが、数千円分のポイントがつくこともあるのでバカにできません。

一方、アップルストアやAppleの公式通販サイトではそういったポイントのシステムが用意されていないので、ポイントが還元されてその分お得になるというようなことがありません。

まとめ:アップルストアや公式通販サイトでのiPadの購入にはメリットが多い

Apple製品のアップルストアやAppleの公式通販サイトでの購入にはデメリットもありますが、魅力的なメリットも多いので、個人的にはアップルストアや公式通販サイトでの購入をおすすめします。

学割の対象になる方は絶対にアップルストアやAppleの公式通販サイトで購入するべきですし、「明確な用途は決まっていないけどiPadを使ってみたい」という方もアップルストアやAppleの公式通販サイトで購入するべきです。

ただ、ポイントがつかない点は大きなデメリットになり得るので、メリットとデメリットをよく比較しながらどこで購入するか考えてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次